トップページ設立の趣旨・経緯/目的

設立の趣旨・経緯

 当阪神地区においては、戦後10年を迎えた昭和30年代初期から、戦後の復興に伴い神戸市を中心とする近郊の開発を如何に安全に遂行するかという課題があった。

 この地域は、背後に六甲山系が急勾配にそびえ、前面は大阪湾に面した帯状の細長い傾斜した堆積土壌上に発達した市街地であり、過去に集中豪雨に起因する崩壊や表六甲諸河川の氾濫や土砂流出は、幾度となく発生していた。この現象に鑑み、具体的に神戸の西部地区から西宮、宝塚方面にかけたいわゆる六甲山系南斜面のこの特異な地域の開発を、どのように行なうべきかという重大なテーマを抱え、直接この事業を監督・指揮する地方自治体や、実際に関係工事に従事する企業から、実質的にこの問題の解決に向け研究・指導しそして回答を与え得る、社会のニーズに対応し多様なサービスを提供し得るしかるべき研究機関の誕生が強く要望されていた。

 本研究所は上記のような情況を背景として、この難問を解決し多くの住民並びに地域社会に貢献することを目的に、昭和32年神戸大学工学部の同意を得て、文部省に対して民法第32条による公益法人の設立許可申請を行なった結果、翌昭和33年11月13日付で財団法人建設工学研究所として設立の許可・承認(委大第118号)がなされ、誕生したものである。

 公益法人制度改革により平成25年4月1日付で一般財団法人へ移行。

目 的

 建設工学及び建設技術に関する研究調査を行い、あわせて建設工学及び建設技術の研究を助成し、その学術的発展を図り、安全で安心な都市及び地域の創造に寄与する。

 その目的を達成するため、次の事業を行う。

 1)建設工学に関する研究開発及び技術開発

 2)神戸大学の建設工学及び建設技術の研究に対する助成

 3)建設工学及び建設技術に関する文献の刊行及び知識の普及

 4)建設工学及び建設技術に関する研究及び調査の受託又は委託

 5)その他この目的を達成するために必要な事業